ノマドワーカーにおすすめの国内ワーケーション先7選

更新日:5月4日



こんにちは、IKETEL編集部です。


ここ数年、ノマドワーカーの界隈ではワーケーションがだいぶ浸透してきたかと思うのですが、今回はそんな旅慣れたノマドの方にもおすすめの国内ワーケーション先7選を紹介していきたいと思います!






①別府



まず最初にご紹介するのは、言わずと知れた温泉天国大分県別府市。


源泉数、湧出量ともに日本一を誇り、街の至る所に温泉が湧いているので、日帰り温泉もそこら中で入ることができます。温泉に入り放題のワーケーション、最高ですね。

近年ワーケーションにも力を入れているアツい街です!


観光地と言えど、それなりに大きな街なので、宿泊施設もコワーキングスペースも多く、一通りのものは揃っていていますし、多くの観光客や留学生も訪れる街なので、快適でありながら、地域内外の交流が生まれる充実したワーケーション体験をすることができるんじゃないでしょうか。



また、別府は鶏肉料理や海鮮など沢山美味しいものがあるグルメの街です。

摂氏100℃にもなる温泉噴気を利用した名物の地獄蒸し野菜を食べれば、健康的な生活が送れそうですね!


別府市のワーケーション特設サイトでは、ワーケーション施設や体験情報等が綺麗にまとめられているので、別府ワーケーションに行かれる際は必見です!

何かお困りごとがあれば、専門のコンシェルジュに相談することもできますよ。


【公式】別府ワーケーションサイト|BEPPU YUKEMURI WORKATION.

https://beppu-workation.jp/








②石垣島



次にご紹介するのは南国の風と島タイムが流れる沖縄県石垣島。


石垣島はエメラルドグリーンの美しい海に囲まれた沖縄の中でも屈指の観光地で、昔から観光人気も非常に高いのですが、

ここ数年でワーケーション対応の宿泊施設やコワーキングスペースが増えてきています。


石垣島ワーケーションの魅力は何と言ってもその海!

仕事の息抜きに少し海で泳いだり、ビーチで仕事なんかも一度は憧れますね。色々アイデアが浮かび、仕事も捗りそうです!




↓石垣島のワーケーションでおすすめしたいコワーキングスペースが、こちらの「Coworking Space KLATCH Ishigaki」。


ワーケーションでのパフォーマンスが最大化するよう、高速WiFi、電話会議ブース、集中ルーム、会議室…とワーク環境が非常に整えられています。

また、「KLATCH」という名前には、人と人が繋がれる楽しい空間という想いを込められており、石垣島で最高のワーケーション、最高の思い出をつくってくれる素敵な場所です。


Coworking Space KLATCH Ishigaki

https://workation-lab.com/








③しまなみ海道



広島県と愛媛県にまたがるサイクリストの聖地しまなみ海道。


しまなみ海道は、「世界7大サイクリングロード(CNN)」、「世界で最も美しい9つのサイクリングルート(ARCHITECTURAL DIGEST誌)」などにも選ばれており、世界中のサイクリスト・ライダーに人気で、旅好き、チャリ好きにはたまらない場所です。



また、しまなみエリアは穏やかな瀬戸内の風景と温暖な気候で、1年を通して落ち着いた環境の中でワーケーションができることに加え、

特産の柑橘を使ったリフレッシュドリンクやアロマなんかも手軽に買えるので、普段使いながらも、気持ちを切り替えるワーケーションにぴったりです!


ワーケーションを特別推しているわけではありませんが、その程よく余白がある感じがノマド的には逆にちょうどいいですね。



↓しまなみのサイクリング&ワーケーションにおすすめの宿泊施設はこちらです。


しまなみ海道WAKKA

https://wakka.site/


I-LINK HOSTEL & CAFE SHIMANAMI

https://shimanami.bike/


Soil Setoda Living

http://soilis.co/locations/setoda/








④伊豆



ワーケーション人気の非常に高い静岡県伊豆半島。


首都圏からのアクセスも良く、海、高原、温泉といった自然や絶景の宝庫で、ワーケーションに対応した施設も多いので、ワーケーション最強エリアと言っても過言ではありません!

また、伊豆は海の幸も山の幸も豊富なので、美味しいご飯が食べられるところも嬉しいですね。


そんな伊豆の中でも、熱海、伊東、修善寺、伊豆高原、東伊豆、下田、南伊豆etc.と魅力的なエリアがいくつもあり、各自治体がそれぞれワーケーションにも非常に力を入れているので、伊豆半島を一周するワーケーションも、ノマドなら満喫できること間違いなしです!

ワーケーション初心者にも旅慣れたノマドワーカーにもおすすめです。



↓伊豆半島エリアのワーケーション情報はこちら


熱海ワーケーションポータルサイト

https://www.atami-workation.jp/


伊東ワーケーションポータルサイト

https://ito-workation.jp/


まちまるごとオフィス東伊豆

https://www.machimarugoto.com/


下田deワーケーション

https://shimoda-de-workation.com/


南伊豆るプロジェクト

https://minami-izuru.com/archives/workation








⑤五島列島



どこまでも透明で美しいコバルトブルーの海に囲まれた長崎県五島列島。


2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録され、世界遺産の島として注目度が上がってきている五島。

こちらもここ数年で、少しずつワーケーションができる宿泊施設やコワーキングスペースができてきて、ノマドワーカーが滞在しやすい環境になってきています!



朝は釣りをして、昼間は仕事をがっつり、夕方にはSUPなどのマリンアクティビティにチャレンジ、夜は島の郷土料理と島で作られたお酒に舌鼓…

島暮らしを満喫しながら、のんびりしたワーケーション、贅沢な時間の過ごし方ですね。


島内のワーケーション情報は、ポータルサイトにまとめられているので、利用可能なワーケーションを施設を事前に確認してから行かれるとよいと思います!


ながさき移住ナビ リモートワーク支援特設サイト

https://xn--nagasaki-iju-ee6s242n.jp/remote/model/goto_city/index








⑥嬉野温泉



日本3大肌人の湯で有名な佐賀県の嬉野温泉。


こちらも温泉ワーケーションが楽しめるのですが、すごいのはそれだけじゃないんです!

嬉野温泉では、街中の公園や足湯スポットに、机と椅子、そしてなんと、24時間無料で利用可能な電源とWi-Fiが整備されているんです!


天気の良い日には、外で自然の風を感じながら仕事をして、ちょっと疲れたら足湯や温泉に入るというのは最高ですね。

無料で電源とWi-Fiが使えるのも、ノマドワーカーにはありがたいです。



嬉野市の公式Webサイトでも、ワーケーションモニターツアーの様子が紹介されています。

仕事の合間に嬉野名産のお茶を飲めば、頭がすっきりして良さそうですね!



嬉野市公式Webサイト

https://www.city.ureshino.lg.jp/shisei/_25349/_27887.html








⑦札幌



最後にご紹介するのは、北海道の観光、経済の中心札幌市。


札幌は宿泊施設やコワーキングスペースが充実していることはもちろん、仕事ができるカフェや交流ができるバーなども多く、実はワーケーションにおすすめなんです!


そして、最近ではクリエイターが集まる場所としても注目されています。

おしゃれでクリエイティブなコワーキングスペースやカフェも多いですし、北海道ならではの独自の文化やアートに触れたり、クリエイター同士で交流することによって、インスピレーションや共創が生まれることなんかも期待してしまいますね。



また、札幌と言えば、スープカレーやジンギスカン、海鮮に味噌ラーメン、最近では締めパフェも人気で、グルメも満喫できること間違いなしです!

少し郊外に出れば雄大な自然や温泉もありますし、札幌を起点に北海道を巡るワーケーションに行かれてもいいかもしれませんね。



札幌市が開設したポータルサイトは、クリエイターらしくとてもおしゃれなデザインで、迷ってしまうほど宿泊施設やコワーキングスペースの情報も沢山載っているので、ぜひ目を通されてから行かれるといいんじゃないでしょうか!


Creators Worcation in Sapporo

https://worcation.sapporo.travel/










以上、ノマドワーカーにおすすめの国内ワーケーション先7選でした。

いかがでしたでしょうか。


これから旅行しやすい季節になってくるので、色んなところに行ってみたいですね!



IKETEL編集部では、ワーケーションに関する情報発信も行っていますので、よかったら

SNSでのフォローをよろしくお願いします。





それでは、また!